年齢を重ねても健康で若々しくいたいのは誰しも願う事です。

健康には節制が一番です

ハイテク技術で生まれた健康器具で辛い運動も楽しくなります

健康には節制が一番です 年齢を重ねても健康で若々しくいたいのは誰しも願う事です。かって日本の歴史にはなかった高齢化社会と呼ばれる時代になって、その思いはより一層強くなったのか、町の公園やフットネスクラブなどでは、高齢者と呼ばれる人達のジョギング姿やトレーニング姿を見かける事が以前と比べて遥かに多くなっています。

若い頃は当たり前のように出来てた事が出来なくなって愕然とするのは、例えばお父さんが子供の運動会で父兄参加の徒競走をする時などです。自分では足を動かしているつもりでも、意に反して雲を踏むような、足が頼りなく空回りして、上体から前へつんのめってコケてしまい、周囲の笑いを誘うのはマンガなどでもお馴染みの光景です。また階段を上がるとすぐに息が切れてしまったり、ちょっとした段差につまづいてころびそうになったりという経験は、中年と呼ばれる年代になると誰しもあるものです。

「老化は足から」は昔から言われていた事で、年を取って初めてそれは実感として身でわかるものです。足の筋力は20代をピークに毎年1パーセントずつ落ちて行き、それは上半身の筋肉の3倍のスピードと言われています。また、「足は第二の心臓」とも呼ばれ、足は体中に血液を送るポンプの役目を果たしているため、足が弱るとその役目を果たす事が出来ずに、心臓疾患、静脈瘤、血行不良などの疾病の原因ともなります。年を取っても健康でいるためには日頃からの地道な運動が必要ですが、最近では最新のハイテク技術を取り入れた、楽しみながら体や運動神経を鍛える健康器具も沢山発売されています。それを活用してみるのも健康への近道と言えます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017健康には節制が一番です.All rights reserved.